睡眠に大切なリラックスとメラトニン

眠れなくなってしまう要因はいろいろとあるものの、眠れない理由はリラックスできていないせいです。

入眠には心身のリラックスが第一。

眠れない原因を潰すのも大切ですが、自分だけのリラックス法を見つけることも大切です。

例えば、夕方から軽い運動をしてみたり、少しだけ甘いものを食べてみたり。

ベッドに入る前の1時間は、お気に入りの本や音楽を楽しむ時間にしてみてもいいかもしれません。

こんな習慣が脳を安心させれば、衛生上も健康上にも良い影響を与えてくれます。

熟睡できるということは、肉体と精神が良いバランスを保っているから、とも言えるのかもしれません。

このサイトでは、主に眠りに関すること、それから病気や健康についても書いていこうと思っています。

マインドガード口コミ

睡眠物質メラトニン

メラトニンは元々は体内に存在する成分でホルモンの一種でもあります。メラトニンは体内時計を正しい状態にする効果があると言われているため、不眠症治療に役立てられている成分です。

体内時計が働くことで、人間の体は一日の行動サイクルを規則正しく刻むことができるようになります。起床、食事、活動、睡眠のサイクルは常に一定であり、体はそのことを覚えているものですが、それを管理する体内時計が狂ってしまうことがあります。これが快眠を妨げることがあり、海外に行った時と同じような時差ボケを起こすことがあるのです。実際にも時差ぼけを治すためにメラトニンを利用することもあります。

体内時計は、太陽の光を浴びることで正しく調整されるものですが、様々な要因から正常に機能しない場合もあります。ストレスや疲労、生活習慣などが、その要因となります。

日本では、メラトニンは医薬品とされているために、簡単に手に入れることができません。メラトニンのサプリメントは体内時計を調整してくれるものなので残念なことです。海外では不眠改善や時差ぼけ予防の為のサプリメントとして販売されています。不眠症の症状を緩和する効果がメラトニンにはあるのですから、日本国内でも買うことができるようになれば不眠症患者さんの症状改善に役立つはずなのですが・・・。

不眠症状を改善する以外にも、メラトニンは色々な健康にいい影響があると言われています。サプリメントで摂取してアンチエイジングを目指すこともできるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です